PROFILE

渡部 桂太 - Keita Watabe -

【生年月日】

1993年08月30日

【所属】

住友電装株式会社

【出身地】

三重県四日市市

【出身校】

三重県立いなべ総合学園

【身長】

171cm

 

小学2年時にクライミングと出会い、地元・東海地方の山やジムが週末の遊び場となった。

当時はユース向けのボルダリングの大会がほとんどなく、12歳からリードの大会に出場し、JFAユース選手権やJOCジュニアオリンピックカップ大会などを制した。

高校卒業後は自動車整備士の専門学校に通いながら、ジムや外岩で納得するまでひたすら鍛錬を続けた。卒業後本格的に競技に専念し、2015年のボルダリング・ジャパンカップで準優勝を飾ると、念願の日本代表入り。

初参戦となるワールドカップでは、世界の壁に対峙することで自分の弱い部分と冷静に向き合い、短所を長所に変える意識改革を実践した。2016年のワールドカップ後半戦で初めて準決勝に進出すると、2017躍進の年を迎える。

4月にスイスで行われたワールドカップ開幕戦で、初の決勝進出を果たし3位入賞。そして5月に中国で開催されたワールドカップ第3戦では、決勝でただ一人4つ全ての課題を完登し初優勝を飾った。この年はワールドカップ7戦中5戦で決勝に進出し、うち表彰台は3度。年間ランキングでも4位に入り、名実共に世界ランカーの仲間入りを果たした。

10月には日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)が発表した、2020年東京五輪に向けた強化選手に選出された。国際大会や強化合宿に優先的に参加できる強化選手に選ばれたことで、よりレベルアップを図るため活動拠点も四日市から東京へ移した。

今後は常に世界トップクラスの選手と共に鎬を削り、観るものを魅了するクライマーとして木鶏の境地を目指す。

 

■ 主な戦績

IFSCクライミング・ワールドカップ2017 ボルダリング年間ランキング 4位

2017年04月 IFSCクライミング・ワールドカップ 泰安(中国)2017 ボルダリング 1位

など多数

 

▶ 詳しくは戦績のページへ →

 

 

■ メディア・イベント出演実績

2019年01月 読み物サイト「あそびすと」VIVA asobistに掲載 記事はこちら

2018年08月 「コカ・コーラ クライミングチャレンジ」ゲスト出演

2018年06月 中日新聞三重版掲載「みえびとの肖像」

2018年04月 「三重県営サンアリーナ・ボルダリング施設オープニングセレモニー」イベント出演

2018年02月 「東京2020ライブサイト in 2018」イベント出演

2018年01月 中京テレビ「RISING ATHLETE」

2018年01月 NHKラジオ「東海北陸あさラジオ」

2017年12月 MBSラジオ「亀山つとむのスポーツマンデー」

2017年10月 CBCテレビ「スポーツLIVE High FIVE!!」

2017年10月 毎日新聞三重版掲載「彩人旬人」

2017年10月 「サオリ祭’17」イベント出演

2017年08月 東海テレビ「One内 舞スポーツ」

2017年08月 中京テレビ「キャッチ内 スポッチ」

2017年08月 「アクエリアスクライミングチャレンジ」イベント出演

2017年07月 日本経済新聞夕刊掲載

2017年07月 日本テレビ「Going! Sports & News」

2017年06月 ソルメディア「クライマーズ」第4号 表紙掲載

2017年06月 三重県知事表敬訪問

2017年06月 NHK津放送局「ほっとイブニングみえ・ほっとトーク」

2016年12月 テレビ朝日「なら=デキ」